薬局経営NAVIとは?
薬局経営

意外と大きい!?
薬剤廃棄ロスが経営に与える影響

薬局には、さまざまな理由により在庫しているがほとんど動きがない、いわゆる不動在庫医薬品が数多く存在します。それが消化されないまま使用期限を迎えると廃棄ロスとなってしまうため、「どうやってうまく消化しようか」と頭を悩ませている薬局経営者も少なくありません。そこで今回は、不動在庫が発生する原因や、不動在庫をうまく消化するための具体的な手段をご紹介します。

1
不動在庫が経営を圧迫する

薬局経営において、話題に上がることの多い不動在庫問題。これは在庫が使用期限まで処方されず最終的に廃棄となってしまい、その結果として利益率を圧迫するため、薬局経営に大きな影響を与えることを指します。

薬局ごとの年間廃棄金額は平均20万円程度と推計されており、全国の薬局数は約5万9000店にも及ぶため、医薬品の廃棄にともなう損失額は年間100億円にも達すると推定されています。さらに、院内処方の医薬品も加えると、100億円をはるかに超える見込みです。

また薬局の不動在庫が増えてしまう理由はさまざまです。薬剤師は、調剤の求めがあった場合、正当な理由がなければ拒否できないという応需義務が薬剤師法第21条で定められているため、薬局に在庫していない薬が処方された場合でも、その薬を提供する義務があります。

医薬品は販売包装単位ずつの購入が原則とされるため、必要数が処方された後に残った医薬品は使用期限が過ぎると破棄しなければいけません。しかも、薬は一般ごみとして廃棄できないことから、委託業者への廃棄費用も発生してしまいます。

もちろん、こうした医薬品の廃棄ロスが、個人経営の薬局にとって痛手となることは言うまでもありません。

各調剤薬局は、患者さんが持ち込む処方箋や応需している病院・クリニックとの情報共有などから、備蓄する医薬品の品目や数量を決めるのが一般的です。薬局によっては発注予定情報をカレンダーに書きこむなどのアナログな方法で管理を行っているケースもあります。しかし、どんなに工夫を凝らしても不動在庫は発生してしまうため、適正な在庫管理は薬局運営において最も難しい業務の1つと言われています。

2
不動在庫が発生する原因とは

あなたは自分が経営している薬局に、現在どれくらいの不動在庫があるか把握していますか?
調剤の求めに応じる義務があるとは言え、不動在庫が薬局経営に悪影響を及ぼすことは言うまでもないでしょう。

企業会計上は在庫が資産としてみなされるものの、その資産はすぐには現金化できません。薬局内に把握できていない不動在庫を抱えていることによって、資金繰りに問題が起きていることに気づかないケースもあるようです。医薬品の期限切れ、調剤時の破損や汚損、薬価収載からの除外などによって、医薬品が廃棄となり損失が発生します。そのため、ロス率を把握することは経営において重要です。在庫システム上にある医薬品の期限切れに気づかないことにより、いざ投薬する際に使用できないケースも多々あります。

不動在庫は、いわば「廃棄予備群」とも言うべき存在です。廃棄ロスを抑制するためにも、不動在庫を減らすことは薬局経営的には必要不可欠な課題であると言えるでしょう。

前述したように、医薬品は販売包装単位ずつの購入が原則とされており、開封済みの医薬品は品質管理上、返品が困難であるということも不動在庫が増える要因のひとつとなっていることは否めません。

ある行政の調査報告でも現在の医薬品流通システムについて、「製薬会社・卸・薬局ならびに政府が一体となり、改善に努めるべき」(参議院予算委員会調査室『経済のプリズム』)と指摘されています。この報告では、後述する薬局間で行われている不動在庫の消化にも言及されており、薬局における不動在庫を減らすことについて、「社会的な無駄が省かれるというだけでなく、その流通の効率化によって得られた利益は、薬価の値下げにもつながります。その結果として、医療費削減にまでつながるものと思われる」とその意義も強調しています。

3
不動在庫を効率よく消化する方法

不動在庫を避けるための対策として、普段の在庫量をできるだけ抑えつつ、患者さんの来局状況や処方内容などの推測に基づき小まめに発注量を調整する方法や、近隣の薬局と連携して必要な分だけ調達する方法などがあります。それでは、不動在庫となってしまった医薬品はどうすれば廃棄ロスを防げるのでしょうか。

複数店舗を運営する会社であれば、自社チェーン内の薬局同士で不動在庫医薬品のやりとりをすることができるでしょう。また、地域薬剤師会のシステムを利用することで、自局内の不動在庫を減らす取り組みをしている薬局もあります。

その他には、第三者のシステムを利用することも1つの方法として挙げられます。例えば、医薬品ネットワークデッドストックエクスチェンジ(不動在庫消化サービス)は、オンラインで不要な在庫を登録すればその薬を必要な薬局とマッチングしてくれるサービスなので、薬剤廃棄ロスを効率的に削減することができます。グループ内で在庫を融通し合うことのできない個人経営の薬局などにとっては、こうしたサービスを利用することが不動在庫の解消に向けた一助となっています。

2+
PREV 意外と大きい!?
薬剤廃棄ロスが経営に与える影響
NEXT 「4メガ卸」とは?
医薬品卸業界大手4社を解説

Recommend

関連記事
薬局経営

2020.10.30

医療用医薬品のバーコード表示の仕組みが2021年4月以降の出荷分から見直され、有効期限などの情報を含む国際標準の詳しい表示に原則統一されます。医薬品のトレーサビリティーを高め、回収などの業務に対応しやすくすることが狙いで、薬局や医療機関がそれを活用することで、調剤や棚卸しの際に取り違えを防ぐなど医療の質改善への期待も高まっています。ただ、バーコードシステムを導入する際に棚卸しの業務量が一時的に急増するなど、現場にとっての課題もあるようです。表示の統一まであと半年足らず。それによるメリットと課題を整理しました。

※この記事は「CBnews」とのタイアップ企画です。

「ちかくにいる。ちからになる。」 
この連載は、”患者の方々や地域、さらには医療人を、いちばんちかくで支えるちからになりたい。”という想いから始まった企画です。地域医療の未来を創るさまざまな人物が、それぞれの役割や視点から想いを語っていきます。
第3回目は、薬局と医薬品卸売会社(以下、卸)の間に立って流通改善に取り組む、(株)メディカルシステムネットワーク SCM事業本部副本部長 兼 営業推進部長の勝木桂太氏の登場です。日本国内の医薬品流通の変遷や「医薬品ネットワーク」が目指す方向性、地域医療への想いについてお話を聞きました。

薬局経営

2020.08.21

北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理事も務める角田俊人さんに、これからの薬局・薬剤師のために今取り組んでいること、今後の目標などをお話しいただきました。

5月20日、厚生労働省は新薬19製品を薬価収載しました。多くの薬剤師が動向を確認する新薬の発売状況。日々、経営業務に追われて、見過ごしてしまっていませんか?そこで今回は日々忙しい薬局経営者や薬剤師の方々のために、調剤薬局で取り扱われる薬に絞って要点をわかりやすく解説していきます。

「ちかくにいる。ちからになる。」

この連載は、“患者の方々や地域、さらには医療人を、いちばんちかくで支えるちからになりたい。”という想いから始まった企画です。地域医療の未来を創るさまざまな人物が、それぞれの役割や視点から想いを語っていきます。

前回に引き続き、薬局経営をサポートする株式会社メディカルシステムネットワーク代表取締役の田尻氏が登場。「医薬品ネットワーク」に加盟した調剤薬局が得られるメリットは多岐にわたります。また5,000件以上の調剤薬局が加盟する大きなプラットフォームに成長したことで、今後はさまざまなビジネスが可能となるだけでなく、よりよい地域医療を目指すための試みも始まっているようです。

薬剤のパッケージに記載されている使用期限。その期限は未開封で適切に保管された場合の期限であることがほとんどです。今回は、薬剤を適切に保管するための基礎知識と、薬剤師もあまり知らない使用期限の決め方をご紹介します。

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Case Study

事例紹介
薬局経営

2020.08.21

北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理...
薬局経営

2020.07.15

神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井...

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

流通改善の先にある
地域医療への貢献とは
「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

株式会社メディカルシステムネットワーク

SCM事業本部 副本部長 兼 営業推進部長勝木桂太