薬局経営NAVIとは?
薬局経営

患者さんの本音を聞き出す
ヒアリングの実践

これからの薬局で最も求められるスキルといっても過言ではない「コミュニケーション」。もちろん薬剤に関する知識も必要ですが、調剤や服薬指導をするために患者さんの情報を引き出すヒアリングスキルも要求されます。今回は、コミュニケーションの中でも、患者さんの本音を聞き出すヒアリングの実践スキルを紹介します。

1
患者さんの本音を聞き出すコツ

よりよい服薬指導を提供するためには、患者さん一人ひとりから正確な情報を得なければいけません。そのためには、信頼関係を築くことが大切です。たとえば、同じ病気の患者さんでも、年齢・職業・生活習慣・家庭環境の違いにより、問題が生じるポイントが異なります。まずは、患者さんが薬物治療に対して感じる不安や疑心暗鬼な気持ちを受け入れてあげましょう。患者さんに、「この人は私の辛さをわかってくれる」と思ってもらうことが重要です。

そのためには、具体的に質問することがポイントです。たとえば、症状の経過や副作用の有無を確認する場合、体調が良い、悪いという漠然とした確認だけでは不十分です。「口が渇くことはありますか?」「薬を飲んだ後に眠くなることはありますか?」など、患者さんが答えやすいヒアリングを心がけましょう。

患者さんに座ってもらって話を聞くこと

人がうっかり本音を漏らしてしまうのは「立っている時」と「座っている時」のどちらでしょうか。立ち話のほうがポロッと本音を漏らしてしまうイメージがあるかもしれませんが、じつは「座っている時」のほうが本音を漏らしやすいという実験データがあります。人は座った状態だと気が緩み、立っていると緊張するのです。つまり、相手に座って寛いでもらうと話を引き出しやすいのです。

積極的にこちらから質問していく方法

薬剤師が患者さんを理解するために、主体的に質問をしていく方法です。患者さんに、より踏み込んだ姿勢を示し、深いコミュニケーションを行うことを目指します。必要に応じて患者さんの発言に言葉を添えたり質問を挟んだりすることで、患者さんの思考を促すのです。これには薬剤師側の真摯な姿勢に加えて、患者さんの「語り」を引き出す経験やテクニックも必要とされます。

2
患者さんの「語り」を引き出す

患者さんの語りを引き出すテクニックのひとつに「ナラティブ」があります。ナラティブとは「語ること」を意味する言葉です。ヒアリングスキルとして実践されるナラティブとは、ストーリーテリングのようにできあがった物語がある対話ではなく、一人ひとりの患者さんが主体性を持って自由に語ってもらう手法のことを言います。医療現場では、ナラティブ・ベイスト・メディスン(Narrative Based Medicine:物語と対話に基づく医療。以下NBM)が重視されています。病気になったきっかけや理由、病気について患者さんが現在どのように捉えているのか。患者さんが抱える問題を、心・技・体または社会的な観点から観察し、改善を促す手法です。現代の医療現場では、いくら適切な治療を行っても、コミュニケーションに齟齬があり、患者さんの満足度がなかなか上がらないというケースもあります。患者さんの満足度は、医療従事者との関係性にも大きく左右されると言えます。患者さんとコミュニケーションを通じて良い関係性を作っていくためにナラティブは必要なのです。では、ナラティブを用いて患者さんと良い関係性を作るために、具体的にどのように取り組めばいいのでしょうか。

患者さんの語りを否定するのはNG

NBMを現場に取り入れるポイントは、患者さんの話が理に合わない内容だったとしても、否定するのは得策ではありません。また、患者さんとの対話は、患者さんに主導権を渡す心遣いが大切です。

例えば「最近、急に胸が締め付けられるように苦しくなることがあるんです。最近はあまり散歩や運動をしなくなってしまって……歳ですかねえ。」と言われたときに、「なるほど。で、いつごろから痛むのですか? 息切れや頭痛、めまいなどはありますか?」とこちらが主導権を握るような問いかけをしてしまうと、患者さんは心を閉ざしてしまいます。

患者さんの語りに対して相槌を打ち、語られた内容を整理するまでに止め、答えは提示しないように意識しましょう。「そうなのですね。そのあと、どうなったのですか?」と、さらに患者さんの語りを促しましょう。患者さん主体の対話になるのが理想です。そのためには患者さんに話しかけ、語ってもらえるように心を解きほぐし、語り始めたらそれを遮らないことです。

病気で苦しい思いをしている患者さんは、その苦しさを伝えたいものです。その話を引き出すことで患者さんを理解してあげることが薬剤師には求められています。治療が成功しても、患者さんに不満が残ることがしばしばあります。これを解決する試みがNBMです。

上手な質問のポイントは「知らないから教えてもらう」こと

もう1つのポイントは、「患者さんのことを知らないから教えてほしい」というスタンスでの問いかけです。例えば、患者さんが「耳鳴りがする」と言ったら、「それはいつ頃からですか?」と聞きます。これが、「知らないから教えてもらう」ということです。患者さんの体験は患者さんにしかわからないはずですから、「教えてあげなければ」と語る気になるものです。

どんなふうに具合が悪いかわからないから教えてほしい、どうしてほしいのかわからないから教えてほしい、不安を解消してあげたいから教えてほしいというスタンスが大切です。

すると患者さんは緊張やストレスを感じることなく、自由に語ってくれます。

頭ではわかっていても、実践するのは簡単ではありません。それは、聞き手である薬剤師にも積み重ねてきた経験や知識があるためです。例えば、患者さんから「先日処方された薬が切れたので、市販薬で済ませていました」と言われたらどうでしょう。薬剤師であれば、いい気分はしないものです。自分が導き出した答えに対して、患者さんの語りがずれていると悪気はなくても反論したくなります。そこで自分が導き出した回答を押し殺して、患者さんが伝えようとしてくれていることをもう少し聞いてみようという姿勢をとってみましょう。ここで「どんな市販薬を飲んでいるのですか」「なるほど。何か困っていることはありませんか」というようにわからないから教えてほしいというスタンスで質問をすることもできるはずです。

患者さんは、薬がなくなったのちにすぐに通院できなかった物語や、なぜ市販薬を購入したのかという物語を話したいと考えているのに対し、薬剤師は、患者さんが専門的な知識もないまま、判断したことを注意したいと考えてしまう。こういうときは、患者さんが話してくれたことの正否ではなく、今なにを伝えたいと思っているかにフォーカスをあてることが、患者さんとの関係性を築く近道です。

3
物語に共感することが患者さんの「語り」につながる

このように、「あなたのことをもっと知りたいから教えてください」というスタンスで対話をはじめることが患者さんの語りを促します。また、困りごとや悩みごとに対して、「一緒に考えていきましょう」という姿勢を示すことで、徐々に患者さんも語り出してくれます。

常に話しやすい関係性ができれば、患者さんの本音に気づくことができ、一人ひとりにあわせた服薬指導やより良い日々のコミュニケーションにつなげることができるでしょう。患者さんと継続的に良好な関係性を築くために、意識してみませんか。

2+
PREV 今年8月スタート、地域・専門連携薬局
認定基準や薬局業界の対応は?
NEXT フリーランス薬剤師で人件費削減
今後の薬局経営に求められるものとは

Recommend

関連記事
薬局経営

2021.02.08

これからの薬局で最も求められるスキルといっても過言ではない「コミュニケーション」。もちろん薬剤に関する知識も必要ですが、調剤や服薬指導をするために患者さんの情報を引き出すヒアリングスキルも要求されます。今回は、コミュニケーションの中でも、患者さんの本音を聞き出すヒアリングの実践スキルを紹介します。

薬局経営

2021.01.29

2019年に成立した改正医薬品医療機器等法(薬機法)により、「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」(専門連携薬局)の2つの認定制度が2021年8月から新設されます。これを受けて調剤薬局では、認定要件を満たす薬剤師の育成を強化する動きが加速しています。
認定基準をクリアするには? 薬局の取り組み等、認定取得に向けて薬局経営者が押さえるべき基礎知識をまとめました。

薬局経営

2021.01.22

2019年4月に発出された「0402通知」は、これまで明確化されていなかった非薬剤師の調剤補助に関する公的な見解が示されたことで注目を集めました。2019年12月に改正薬機法が公布となった今、0402通知で非薬剤師の調剤補助業務の範囲が示された背景を再確認し、調剤薬局経営者が店舗経営に関して取り組むべき点を考えてみたいと思います。

地域医療

2021.01.15

高齢化が進む日本の国民医療費は43.6兆円、薬局調剤医療費は7.7兆円を超えました。院外の薬局で調剤を受けた割合を表す「処方箋受取率」はじつに70%を超え、医薬分業は確実に進んでいるように見えます。ところがその多くが、医療機関の近隣に位置するいわゆる門前薬局で調剤を受けているケースと言われています。これでは「医師と薬剤師がそれぞれの専門性を発揮し、薬局が服薬情報を一元管理する」という医薬分業のあるべき姿とは言えません。そこで厚生労働省は、“患者さんのためのかかりつけ薬剤師”としてのあり方を「患者のための薬局ビジョン」に示しました。近年の調剤報酬改定の根っこはこの薬局ビジョンにあり、“患者さんのためのかかりつけ薬局”を目指すことこそ、薬局生き残りのヒントとなります。今回は、大型チェーン薬局の台頭にも負けない薬局経営のヒントを探ります。

地域医療

2020.07.15

「健康サポート薬局」という制度ができてしばらく経ちますが、現在のところ特別な調剤報酬は用意されておりません。かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる「健康サポート薬局」は、これからの薬局の「あるべき姿」として挙げられます。しかし、これらの機能を維持しながら薬局を運営するのは簡単なことではありません。薬局を経営する立場からすると、つい尻込みしてしまいがちです。

「大きな調剤報酬も見込めないのに、大変な思いをする必要はない」

その気持ちもわかりますが、地域に根ざした薬局づくりを進める以上「健康サポート薬局」に詳しくても損はないはず。今後、調剤薬局を経営する上で一考すべきこの制度と、どう向き合うか。これからの薬局経営者にとって切り離せないテーマに迫ります。

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Case Study

事例紹介
薬局経営

2020.08.21

北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理...
薬局経営

2020.07.15

神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井...

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事
false

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

流通改善の先にある
地域医療への貢献とは
「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

株式会社メディカルシステムネットワーク

SCM事業本部 副本部長 兼 営業推進部長勝木桂太