薬局経営NAVIとは?

血漿分画製剤(けっしょうぶんかくせいざい)

人から採取した血液から作られる医薬品を「血液製剤」と総称します。その血液製剤は、「全血製剤」、「血液成分製剤」、「血漿分画製剤」の3つに分類されます。「血漿分画製剤」はタンパク質製剤のことで、血漿(プラズマ)を分画・精製して作られます。


ブドウ糖や脂質、ホルモン、ビタミンなどの他、100種類以上のタンパク質が血漿中に含まれます。その中でも治療に有益なタンパク質だけを取り出して、それらを成分ごとに分けて、高純度に精製したものが「血漿分画製剤」です。アルブミン製剤や免疫グロブリン製剤、血液凝固因子製剤などがこれに該当します。

PREV

安定性試験/安定性試験ガイドライン

NEXT

市場実勢価格

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Case Study

事例紹介
薬局経営

2020.08.21

北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理...
薬局経営

2020.07.15

神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井...

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

流通改善の先にある
地域医療への貢献とは
「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

株式会社メディカルシステムネットワーク

SCM事業本部 副本部長 兼 営業推進部長勝木桂太