薬局経営NAVIとは?

“かかりつけ薬剤師”の検索結果(5件)

  • 地域に根付く健康サポート薬局
    地域医療にかける想いと、現状の課題

    「健康サポート薬局」という制度ができてしばらく経ちますが、現在のところ特別な調剤報酬は用意されておりません。かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる「健康サポート薬局」は、これからの薬局の「あるべき姿」とし...

  • 薬局生き残りのヒントは
    「患者のための薬局ビジョン」にあった

    高齢化が進む日本の国民医療費は43.6兆円、薬局調剤医療費は7.7兆円を超えました。院外の薬局で調剤を受けた割合を表す「処方箋受取率」はじつに70%を超え、医薬分業は確実に進んでいるように見えます。ところがその多くが、医療機関の近隣に位置するいわゆる門前薬局で調剤を受けているケースと言われています。これで...

  • 2020年改正薬機法から考える
    0402通知後の調剤薬局

    2019年4月に発出された「0402通知」は、これまで明確化されていなかった非薬剤師の調剤補助に関する公的な見解が示されたことで注目を集めました。2019年12月に改正薬機法が公布となった今、0402通知で非薬剤師の調剤補助業務の範囲が示された背景を再確認し、調剤薬局経営者が店舗経営に関して取り組むべき点を考えてみ...

  • 今年8月スタート、地域・専門連携薬局
    認定基準や薬局業界の対応は?

    2019年に成立した改正医薬品医療機器等法(薬機法)により、「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」(専門連携薬局)の2つの認定制度が2021年8月から新設されます。これを受けて調剤薬局では、認定要件を満たす薬剤師の育成を強化する動きが加速しています。 認定基準をクリアするには? 薬局の取り組み等、認定...

  • 患者さんの本音を聞き出す
    ヒアリングの実践

    これからの薬局で最も求められるスキルといっても過言ではない「コミュニケーション」。もちろん薬剤に関する知識も必要ですが、調剤や服薬指導をするために患者さんの情報を引き出すヒアリングスキルも要求されます。今回は、コミュニケーションの中でも、患者さんの本音を聞き出すヒアリングの実践スキルを紹介します。

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事

「ちかくにいる。ちからになる。」第4回

LINEがもたらす
薬局のデジタルシフト
「患者起点の情報サービスで薬局業界のインフラを作りたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第4回

株式会社ファーマシフト

代表取締役社長多湖健太郎