薬局経営NAVIとは?

“利益”の検索結果(7件)

  • 地域に根付く健康サポート薬局
    地域医療にかける想いと、現状の課題

    「健康サポート薬局」という制度ができてしばらく経ちますが、現在のところ特別な調剤報酬は用意されておりません。かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる「健康サポート薬局」は、これからの薬局の「あるべき姿」とし...

  • その人件費は適正?
    薬局の無駄なコストを見直そう

    近年の診療報酬改定における改定率の推移を見てみると緩やかにマイナスに転じており、2020年度の調剤報酬に関する変更点においても「薬剤服用歴管理指導料」の見直しなど厳しい改定の流れが続いていると言えます。医療業界全体がそのような流れの中で、抑えられるコストはなるべく抑えたいと考える薬局経営者は多いので...

  • 薬局の所在地で異なる
    ジェネリック医薬品の普及の進め方

    国策としてジェネリック医薬品の普及に取り組んだ結果、今や日本国内におけるジェネリック医薬品の使用割合は80%に到達しようとしています。ここではジェネリック医薬品を使う根本的な意義と、各地域の背景に合わせた使用促進のための施策の紹介、そして複数のメーカーから発売されているジェネリック医薬品の選び方につ...

  • 調剤薬局にも浸透するキャッシュレス決済

    あなたが経営する薬局は、いくつの決済手段を選択することが可能ですか? 今、あらゆる取引において決済方法の多様化が求められており、日常の買い物や飲食において、最も利用する決済手段で現金とクレジットカードがほぼ同等に利用されています。決済手段は患者さんにとって薬局選びの材料の1つになります。そのため、...

  • 薬局経営・人材育成・給与 
    2代目若手経営者の戦略

    北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理事も務める角田俊人さんに、これからの薬局・薬剤師のために今取り組んでいること、今後の目標などをお話し...

  • 流通改善の先にある
    地域医療への貢献とは
    「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

    「ちかくにいる。ちからになる。」  この連載は、”患者の方々や地域、さらには医療人を、いちばんちかくで支えるちからになりたい。”という想いから始まった企画です。地域医療の未来を創るさまざまな人物が、それぞれの役割や視点から想いを語っていきます。 第3回目は、薬局と医薬品卸売会社(以下、卸)の間に立っ...

  • 量から「質重視」へシフトし始めた薬局M&A
    大手チェーンに変化の兆し、成功の秘訣は?

    調剤報酬の引き締めや相次ぐ制度変更、そして新型コロナウイルスの感染拡大…。薬局の経営環境が厳しさを増し、売却に踏み切るケースが一層増える可能性が指摘されています。ただ、最近では店舗数の多い大手チェーンが買収先の基準を厳しくしたり、対象を厳選する方針を示したり、M&Aの市場に変化の兆しが表れています。...

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事

「ちかくにいる。ちからになる。」第4回

LINEがもたらす
薬局のデジタルシフト
「患者起点の情報サービスで薬局業界のインフラを作りたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第4回

株式会社ファーマシフト

代表取締役社長多湖健太郎