薬局経営NAVIとは?

“薬価”の検索結果(8件)

  • 流通改善で
    日本中の困っている薬局を笑顔に
    「価格への納得のいく説明が不透明感を消し去り、信頼に繋がった」

    「ちかくにいる。ちからになる。」 この連載は、“患者の方々や地域、さらには医療人を、いちばんちかくで支えるちからになりたい。”という想いから始まった企画です。地域医療の未来を創るさまざまな人物が、それぞれの役割や視点から想いを語っていきます。 初回は、薬局経営をサポートする株式会社メディカルシ...

  • 意外と大きい!?
    薬剤廃棄ロスが経営に与える影響

    薬局には、さまざまな理由により在庫しているがほとんど動きがない、いわゆる不動在庫医薬品が数多く存在します。それが消化されないまま使用期限を迎えると廃棄ロスとなってしまうため、「どうやってうまく消化しようか」と頭を悩ませている薬局経営者も少なくありません。そこで今回は、不動在庫が発生する原因や、不...

  • 無駄のない流通が、
    薬局の未来を明るく照らす
    「薬局経営者が抱える大きなストレスを軽減したい」

    「ちかくにいる。ちからになる。」 この連載は、“患者の方々や地域、さらには医療人を、いちばんちかくで支えるちからになりたい。”という想いから始まった企画です。地域医療の未来を創るさまざまな人物が、それぞれの役割や視点から想いを語っていきます。 前回に引き続き、薬局経営をサポートする株式会社メデ...

  • 忙しい薬局経営者に!
    パッと見てわかる新薬解説

    5月20日、厚生労働省は新薬19製品を薬価収載しました。多くの薬剤師が動向を確認する新薬の発売状況。日々、経営業務に追われて、見過ごしてしまっていませんか?そこで今回は日々忙しい薬局経営者や薬剤師の方々のために、調剤薬局で取り扱われる薬に絞って要点をわ...

  • 薬局経営・人材育成・給与 
    2代目若手経営者の戦略

    北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理事も務める角田俊人さんに、これからの薬局・薬剤師のために今取り組んでいること、今後の目標などをお話し...

  • 流通改善の先にある
    地域医療への貢献とは
    「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

    「ちかくにいる。ちからになる。」  この連載は、”患者の方々や地域、さらには医療人を、いちばんちかくで支えるちからになりたい。”という想いから始まった企画です。地域医療の未来を創るさまざまな人物が、それぞれの役割や視点から想いを語っていきます。 第3回目は、薬局と医薬品卸売会社(以下、卸)の間に立っ...

  • 量から「質重視」へシフトし始めた薬局M&A
    大手チェーンに変化の兆し、成功の秘訣は?

    調剤報酬の引き締めや相次ぐ制度変更、そして新型コロナウイルスの感染拡大…。薬局の経営環境が厳しさを増し、売却に踏み切るケースが一層増える可能性が指摘されています。ただ、最近では店舗数の多い大手チェーンが買収先の基準を厳しくしたり、対象を厳選する方針を示したり、M&Aの市場に変化の兆しが表れています。...

  • 薬価毎年改定、コロナ禍でスタートへ
    社保費抑制の切り札、倍の速度で差益減

    2021年度の薬価改定が予定通り実施されることになりました。この年は「毎年改定」の初年度に当たり、市場価格との乖離率が大きい品目の薬価を引き下げます。財務省によると、それによって国費ベースで1,001億円を節約できる見通しです。新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われる中、医療現場や医薬品の流通が混乱してい...

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事

「ちかくにいる。ちからになる。」第4回

LINEがもたらす
薬局のデジタルシフト
「患者起点の情報サービスで薬局業界のインフラを作りたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第4回

株式会社ファーマシフト

代表取締役社長多湖健太郎