薬局経営NAVIとは?

“pickup”の検索結果(6件)

  • 地域に根付く健康サポート薬局
    地域医療にかける想いと、現状の課題

    「健康サポート薬局」という制度ができてしばらく経ちますが、現在のところ特別な調剤報酬は用意されておりません。かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる「健康サポート薬局」は、これからの薬局の「あるべき姿」とし...

  • 店舗数を増やすよりも
    地域に根差して患者さまと関わりたい。

    神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井秀人さん。開業当時の苦労話から患者さまとのエピソードまで、自身のこれまでの歩みを振り返ってくれました...

  • 医薬品ネットワークに加盟する
    3つのメリット

    医薬品ネットワークに加盟する主なメリットは、「業務が効率化されること」「コストが削減されること」「経営に役立つノウハウを得られること」の3点。 それぞれについて、医薬品ネットワークが役立つ理由を解説します。

  • 薬が売れるほど赤字?
    独特な医薬品卸業界の収益構造

    医薬品卸売会社(以下、卸)は仕入れた価格よりも安い価格で薬局に医薬品を販売している——。 一見すると売れば売るだけ赤字になる、不可解な構造に思えますが、医薬品卸売業独特の商習慣である”リベート忙しい薬局経営者に!
    パッと見てわかる新薬解説

    5月20日、厚生労働省は新薬19製品を薬価収載しました。多くの薬剤師が動向を確認する新薬の発売状況。日々、経営業務に追われて、見過ごしてしまっていませんか?そこで今回は日々忙しい薬局経営者や薬剤師の方々のために、調剤薬局で取り扱われる薬に絞って要点をわ...

  • 転換期こそチャンス、薬剤師の成果示せ
    服薬期間中のフォローアップ義務化

    医薬品医療機器等法(薬機法)が2019年に改正され、薬剤師の仕事が転換期を迎えています。2020年9月1日には改正法の一部が施行し、服薬状況のチェックや指導などのフォローアップが必要なら、投薬の際だけでなく服薬期間を通じてそれらを行う義務が明確化されました。薬剤の調製など対物中心の業務から、患者さんへのフ...

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Case Study

事例紹介
薬局経営

2020.08.21

北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理...
薬局経営

2020.07.15

神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井...

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事
false

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

流通改善の先にある
地域医療への貢献とは
「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

株式会社メディカルシステムネットワーク

SCM事業本部 副本部長 兼 営業推進部長勝木桂太