薬局経営NAVIとは?

“pickup”の検索結果(6件)

  • 意外と大きい!?
    薬剤廃棄ロスが経営に与える影響

    薬局には、さまざまな理由により在庫しているがほとんど動きがない、いわゆる不動在庫医薬品が数多く存在します。それが消化されないまま使用期限を迎えると廃棄ロスとなってしまうため、「どうやってうまく消化しようか」と頭を悩ませている薬局経営者も少なくありません。そこで今回は、不動在庫が発生する原因や、不...

  • 店舗数を増やすよりも
    地域に根差して患者さまと関わりたい。

    神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井秀人さん。開業当時の苦労話から患者さまとのエピソードまで、自身のこれまでの歩みを振り返ってくれました...

  • 医薬品ネットワークに加盟する
    3つのメリット

    医薬品ネットワークに加盟する主なメリットは、「業務が効率化されること」「コストが削減されること」「経営に役立つノウハウを得られること」の3点。 それぞれについて、医薬品ネットワークが役立つ理由を解説します。

  • 薬が売れるほど赤字?
    独特な医薬品卸業界の収益構造

    医薬品卸売会社(以下、卸)は仕入れた価格よりも安い価格で薬局に医薬品を販売している——。 一見すると売れば売るだけ赤字になる、不可解な構造に思えますが、医薬品卸売業独特の商習慣である”リベート地域包括ケアシステムの実現に向けて
    薬局が今から取り組むべき課題とは?

    厚生労働省が掲げる「地域包括ケアシステムの実現」。諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進む日本で、薬局や薬剤師はどのようなポジションを取るべきなのか。薬剤師や薬局経営者自身も、まだはっきりと理解できていないことの方が多いのではないでしょうか。実は薬局ができることは少なくありません。積極的に多職種...

  • 薬局の所在地で異なる
    ジェネリック医薬品の普及の進め方

    国策としてジェネリック医薬品の普及に取り組んだ結果、今や日本国内におけるジェネリック医薬品の使用割合は80%に到達しようとしています。ここではジェネリック医薬品を使う根本的な意義と、各地域の背景に合わせた使用促進のための施策の紹介、そして複数のメーカーから発売されているジェネリック医薬品の選び方につ...

Contact

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

医薬品ネットワーク、加盟についてのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

Case Study

事例紹介
薬局経営

2020.08.21

北海道札幌市で8店の調剤薬局を経営する本通調剤薬局グループは、1980年に角田都志夫さんが創業。現在は、息子である角田俊人さんが副社長として経営に携わっています。今年で36歳と若手ながら、薬剤師会の常務理...
薬局経営

2020.07.15

神奈川県横浜市の西部、内陸に位置する旭区。ベッドタウンとして発展してきたこのエリアに、「ふたば薬局」は3店舗を構えています。1988年の開業以来、30年以上にわたり地域に根ざした薬局経営を実践してきた向井...

Support Service

薬局経営支援サービス
「医薬品ネットワーク」

医薬品ネットワークとは

株式会社メディカルシステムネットワークが運営する薬局経営の悩みを解決するサービスです。

数字でみる医薬品ネットワーク

医薬品ネットワークに加盟する
3つのメリット

医薬品ネットワーク4つの仕組み

Interview

インタビュー記事

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

流通改善の先にある
地域医療への貢献とは
「医薬品に関わる企業として『公』に向けた仕事をしていきたい」

「ちかくにいる。ちからになる。」第3回

株式会社メディカルシステムネットワーク

SCM事業本部 副本部長 兼 営業推進部長勝木桂太